永代に供養する寺 長慶寺

長慶寺の歴史

長慶寺の歴史

永和2年(1375) 僧 慶弘が、密教修行に相応しい土地を求め、この地に来た。
行基作と伝わる 薬師如来像を安置し一坊を構えた。
爾来、薬師尊を中心とした修行道場となる。
薬師如来の功徳は、国家の安穏は元より、修行に妨げになる現実的な物心の不足を満足させ、心身は安らかになると、数多の僧俗が集まっていた。

幾星霜を経て、時は江戸時代。
薬師尊像が老朽したので、時の住職が先導し、総代、名主老若男女が私財を出し合い、伽藍の一大改修が行われることになる。

享保18年 大棟梁 林兵庫正清に依頼し、花輪町彫物 石原銀八、板坂伊平次、新井孫四郎の合作により見事な御堂が完成する。
向拝 虎
羽目 龍
木鼻 獅子
薬師如来宮居

棟札

○長慶寺天井の墨書.jpg
○長慶寺龍裏の墨書_0001

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

合同 墓 熊谷市 江南 深谷市